長崎県佐世保市 | させぼ駅前保育園 | 概要

保育と食育
保育と食育
保育と食育
生活
生活
生活
入園方法
入園方法
入園方法
園の紹介

------------------------

 ● TOP

------------------------

 ● 園の紹介

   L 施設と環境

   L 交通アクセス

------------------------

 ● 保育と食育

   L 食育

   L リズム運動

   L 表現

------------------------

 ● 生活

   L 一日の流れ

   L 年間行事

   L 国際交流

------------------------

 ● ​入園方法

------------------------

一人ひとりの子ども達のありのままの姿を、丸ごと受け止め、その年齢、月齢に合った「かけがえのない今」を大切にしたいと思います。保育者一人ひとりが、「今が未来に繋がっていること」を意識し日々の保育を振り返り、もっともっと子ども達の心に寄り添った保育者である為にスタッフ皆で保育の根っこを学んでいます。

保育理念
保育方針
保育目標
目指す子ども像

へこたれない、好奇心豊かな子ども

園と保護者がともに、子どもの最善の利益(子どもの為により良いこと)を考え、共に育てる関係を創造する

丸ごと受け止め育ち合う(一人ひとりの子ども達そのままを受け止め、その子の為により良いことを考え、学び、一緒に成長していく)

・遊び込むことで、実践的な学びを体得する

・健康で丈夫な心と身体をつくる

・生活や遊びを通して、自己発揮をする

・かかわりを通して、人間関係を学ぶ

見える保育室

小さな子ども達は、保育園での出来事をお家へ帰って上手く伝える事ができません。

そこで低年齢の子ども達のお部屋は、保護者の方が玄関を入った瞬間、保育室の全部が見渡せ、安心して預けられる環境づくりにこだわっています。

 

少人数定員の保育園

子ども達の安全を守りながら、ひとりひとりに充分な愛情を注げることはもちろん、保護者の方々と子どもの「育ち」を常に共有して「共に育てる」関係を築く為にも、少人数定員の保育園にこだわっています。

 

保育内容の見える化

当園のスタッフは、連絡帳だけでは伝わりにくい園生活の様子を、よりリアルに伝える努力を惜しみません。保育内容のねらいや意図を、写真やコメントで分かりやすく伝えるポートフォリオを玄関に掲示しています。保護者の皆さんが、目で見て保育園の日常が分かるようにこだわっています。

小学校の授業の先取りをするような形のものと誤解する人も多いようですが、保育所保育指針も幼稚園教育要領も、就学前教育をそのようなものとは位置づけていません。させぼ駅前保育園では、生活や遊びを通して、またかかわりを通して、

子ども達が自己を発揮し、経験を重ね様々な力を身につけていきます。遊びを通して学びの基礎を培っていきます

平成14年2月2日

「ちびっこランド佐世保駅前」創立

 

平成17年2月2日

「させぼ駅前保育園」園名変更

 

平成24年11月14日 

法人設立 

一般社団法人すくすくcom させぼ駅前保育園

 

平成27年2月23日

佐世保市三浦町アルファプラザへ移転

 

平成27年4月1日

児童福祉施設(保育所)設置認可

(長崎県指令26こ未第863号)

専任講師によるカリキュラム

火曜日 体操教室

水曜日 スイミング教室

木曜日 音楽教室

わらべ歌や童謡を歌いながらスキンシップを図ることで、

情緒が安定し心身の発達を促します

赤ちゃん体操
リズム遊び

子どもの発達上、全身を十分に使って遊ぶことはとても重要です。

乳幼児期を重視し、赤ちゃんから発達に合わせて手足の運動やハイハイ運動で、手指、足指の発達を促します

お茶とお菓子をいただきながら、日本の美しい心を体験し、ゆったりとした時間を

過ごします。立ち居振る舞いを中心にお稽古します

お茶会

Go beyond the border 

食育

土に触れて命をつなぐ

Dietary education

Touching soil and understanding the lives

東浜町の海の見える畑で、年間を通して季節の野菜を育てています。

子ども達は、土に触れ、作物を苗から植え育て収穫することで、

大地の恵みや食の大切さを体得します。

させぼ駅前保育園の給食室からは、美味しいにおいが子ども達を誘います。自分達で育てたお野菜が、どんな料理に変身するのか、食に対する興味も湧き楽しみにもつながっています。保育士と連携をとりながら、子どもたちの健やかな成長を願い日々の給食づくりをしています。

海を越えて笑顔をつなぐ

国際交流
International Friendship Program

多国籍文化が混じり合う街、佐世保の環境特性を活かして異なる文化に触れながら国際的な交流を楽しんでいます。生活環境を通して、母国語以外の言葉に触れ、お友だちとのかかわりの中から、互いの文化の違いに興味を持って遊んでいます。また、エレメンタリースクールと交流も行っています。

お友だちと手をつなぐ、公園までの道のりでは、季節の風を感じながら一足ひとあし歩くことで、生きるための心と身体の土台が学べます。

土や四季の草花に触れ匂いをかぐことで五感も自然な刺激を受け、

戸外の季節を十分に感じて、思い切り遊び込んでいます。

Walking practice feeling the wind

Outdoor Activities

風を感じて、歩くを学ぶ

園外活動
 
 
 
新卒者研修

新卒者研修では、保育士である前に社会人として素敵な女性でいて欲しいと願い、社会人基礎力の研修に参加しています。

園内研修では、「子どもファースト!」にこだわって、スタッフ全員が発言し皆で学ぶポストイットでの園内研修を実施しています。

幼児教育インターンシップ

外国人のお子さんが多い当園では、平成29年度ワシントンDCに1年間の幼児教育インターンシップに1名の保育士が参加し、英語と他国の幼児教育を学んでいます。

日本保育協会の研修では、東京・大阪・福岡等3日間集中研修で学び、プロフェッショナルな保育士を目指しています。

させぼ駅前保育園のページトップ
トップページへもどりまs
トップページへもどりまs
トップページへもどりまs

〒857-0863 長崎県佐世保市三浦町2−1

アルファプラザ2F

認可保育園 させぼ駅前保育園

​日本語

English